山と街をつなげる庭づくり、fanlandscape。

ブログ「やまんちゅのよもやま話」

2017.11.03

神々の山嶺(いただき)

カテゴリ: タグ:

講習会の資料として使う山の写真を探していたら、懐かしい写真に目が留まりました。ヒマラヤのゴーキョピークという山へ登った時の写真です。
IMGP4054
小さいころから山好きで、ずっと世界で一番高い山を間近で見てみたい!と憧れていました。
写真のひときわ高い三角形の山がエベレストです。
標高5360mのゴーキョピークまでは高度順応しながら1週間くらいの期間が必要で、帰りの工程やら日本からの移動を含めると2週間くらいの期間が必要です。
なかなか一人ではと思ってましたが、思いがけず友人と行く機会に恵まれ無事たどり着くことが出来ました。
当時は日本の山にも登りまくっていた時期で、今よりも何倍も体力があり、この山に登った時も大変だったというより間近で見るヒマラヤの8,000m峰に感動のしっぱなしでした。
ヒマラヤを舞台にした「神々の山嶺」という小説がありますが、まさにこの山々ひとつひとつに神が宿っている、そんな荘厳な雰囲気が漂っていました。

今の仕事は山が好きでは無ければ続けてはいけない仕事だと感じており、自分には天職だと思っています。ただここ最近は仕事にかまけて山の楽しさ、素晴らしさを忘れてしまっていた気がします。山登りもサボってしまっていましたが、今週末あたり地元の秋山にでも登ってみよう、と思わせてくれる一枚でした。